(10) 初体験・処女初めてのセック




ハウツーオーガズム小説
電子書籍好評発売中

不倫する女たち







初体験の女性とのセックスはゆっくり焦らないことが重要です。処女が破れる痛みは本当は少ないのですが、男が性急に乱暴にバギナめがけて挿入するから激痛が走るのです。ほふく前進と言ってもわからないでしょうが、充分な愛撫とクンニで愛液を溢れさせ、じわじわとしかし毅然と前進してください。処女の女性とのセックスで自分の射精に執着するようでは、セックスを知らない下手糞な男というレッテルを貼られます。あくまで、処女を喪失する彼女の事実を大切にしてください。間違っても、ズッコンズッコンばぎゅ〜ん!を思い描いてはいけません


最近は処女の価値基準が大きく変わり、18才以上の処女の女性に出会うことは稀であるといった情報もあります。しかし、現実にはそれ程彼女たちのセックス観がオープンになっていると考えるのは、間違いのようです。
無闇と野放しにされた少女群は15歳前後、likeとloveの間で揺れ動く20歳前後、親からの独立で性的にも独立を企てる25歳前後、そして結婚まで処女を守る女性群。これらがすべてではないのですが、概ねの傾向だといえます。
処女という言葉は肉体的には処女膜が性行為で一部破損しているかどうかです。文化的には処女崇拝が過去の遺物のように扱われているはずなのに、多くの男性にとって価値あるものになっているのが現実でしょう。
結婚を意識した男女の場合、女性が処女だったことで、男性側には心理的に多くの責任を与えているようです。ある意味、毛嫌いされている処女崇拝が女性の立場を有利なものにしている皮肉もあります。
まあ、そのような難しいことは別にして、愛し合う二人の初めてのHで気になるのは、パートナーが処女とか童貞だとかの問題です。精神的にそのことがどのような影響をふたりに与えるかは、この項目の主題ではありません。ここでは、パートナーが処女の場合に”初めてのH”はどのようにすれば良いのか、解説しましょう。
勿論、男性側も童貞である可能性がある訳ですが、ここでは何度かセックスの経験はあるが決してベテランではない男性を想定することにします。この項目の解説に力が入るのは、多くの若い男女にとって、大人への重要な関門だからです。興味度も抜群です。
女性側の心得も解説しますので、「なんだ、男の話か」などと見過ごさないように注意してください。アナタの彼氏が処女とのHに知識を持ち、誠実に行動しているかどうかの判断基準になることでしょう。
(1)女性が自分の性器を大切にすること
女性全体にいえる事ですが、自分の性器に対して相当邪険な傾向が見られます。フロイトのペニスコンプレックスが正しいかどうか判りませんが、フェースケアーへの関心に比べ大幅に低いケアーしか行われていません。女性の関心度は脛毛以下でしょう。勿論、美形の性器にしようなどと云ってる訳ではありません。生まれたまま、育ったままの性器でいいのです。何も鏡でしげしげ見る必要も特にありません。しかし、清潔には充分気を配るべきでしょう。弱酸性系の石鹸で、常に洗う習慣を身につけるべきです。一度に綺麗にしようなどと考えず、何時も性器は丁寧に優しく洗う必要があります。「明日は勝負下着」の時だけ入念に洗っても駄目です、常に洗い清潔を保つ必要があるのです。陰毛、陰唇の間やクリトリス包皮、会陰、肛門はアナタの大切な身体パーツです、忘れないでください。生理の後などは、携帯ビデの利用も効果的です。*女性が自分の性器ケアーをすることは、第一に清潔を保ち炎症などを防ぐ効果があるのは当然ですが、性的行為の予備運動を性器周辺の筋肉に知らせる役目もします。
(2)タンポンの効用
日本女性の80%以上がナプキン派、米国女性の60%がタンポン派なのだそうです。この数字が何を語るかは別にして、日本女性のほとんどがナプキン派なことは確かです。(まさか、あの出鱈目ダイオキシン話や「タンポンショック症」を信じてそうなったとは思えませんが・・・)
そう云えば、ナプキンの宣伝は多く見られるが、タンポンの宣伝あまり見ませんね。膣内に挿入して使用するという感じが日本女性に向かないということなのでしょう。処女崇拝文化との関係もありそうですね。
生理のケアーとしてナプキンが適切ならそれはそれで問題ありません。生理の処理に、無理にタンポンを利用する必要は皆無です。しかし、面白いデータですが以前タンポン派が40%近くあった日本の状況では、初めてのHで、挿入時酷い痛みを訴えた女性のほとんどがナプキン派だった事実です。
現に初めてのHで痛くてどうしたらいいの?という相談者の全てがナプキン派なのは偶然ではありません。最近の傾向として、より根本から処置するより手近にコンビニエンスに処理することが好まれるわけで、ある種”臭いものに蓋”的対処法が好まれるのも判ります。”痛いのは駄目””自然が一番””娘の膣に異物を入れる”等などです。
しかし、痛いのが嫌、異物を入れるなんて”などと言いながら、結局幸せになれるハズの夜に、百倍返しの痛みと10倍以上の体積のペニスの突然の侵入に、愕然、ギャーギャーという事態に遭遇する気の毒な女性が増加しているのが現実のデータです。以前当サイトのコラムでも指摘されていましたが、ペニスの肥大や性経験の若年化が痛みに拍車を掛けているようです。
タンポンの宣伝係ではありませんので、処女の膣に挿入する異物は小指でも同じです。必ずしも実行を薦めませんし、そうすることで全てが解決するものでもありません。
現実に未完成婚で性交が出来ない女性の膣を拡大する為には、ゼリーと膣拡張器が用いられますが、指で代用は可能ということです。つまり、膣にタンポン程度の太さの異物を挿入することで、知らないうちに膣のエクササイズが出来ているということになるのです。周辺の筋肉組織も膣への異物挿入に際して、異常な緊張をしないということです。
(3)処女膜が痛いのか?
さて初体験でペニス挿入時に痛みを感じることが多い犯人は本当に処女膜が一部欠損する(破瓜)からなのでしょうか。生理学的に見ると、たしかに処女膜に痛覚はありますが決して鋭敏なものではありません。血管もありますが毛細血管です。このことから、現在では”初めてのH”で激痛に襲われるのは、処女膜の破瓜によるものではないと考えられています。毛細血管が切れることで出血はあるでしょうが、愛液に紛れてしまう程度の出血のはずなのですが、大量に出血という場合もあるのは何故でしょう。
「じゃあ、あの時の死ぬような痛みは何なのよ」「あの出血は何なの、1週間も出血は続いたのに」と怒られてしまいそうですが本当のことです。では、何故あんなに痛かったのか、原因を探ってみましょう。
処女膜の破瓜によって多少の痛みや出血があることは否定しません。しかし、初めての女性が受けるペニス挿入時の激しい痛み、激しい出血は処女膜の破瓜ではなく、膣口の筋肉と膣壁で起こっています。
”初めてのHは痛い”という知識の擦りこみが自律神経を通して、性器を取巻く筋肉組織に緊張を与えてしまいます。それでなくてもストレッチしたことのない膣口はコチコチに固くなってしまうのです。異物の侵入を守り続けた膣壁も潜在的に伸縮する能力を訓練していませんから、伸びるはずなのに伸びない状態になっているのです。その上、下手糞なパートナーがカチンコチンのペニスを突き刺したり、深爪していない無骨な指を膣内に挿入して興奮、荒々しくかき回したりするのですから、痛いに決まっています。
痛いと感じると、一層性器周辺の筋肉組織は緊張、急性ワギニスムス症状まで現します。もう、この状態になったらギブアップ、入らない、痛い、女性は泣き出す、男はオロオロということになります。*こんな悲劇を避けるためのHOWTOは?追々伝授しましょう。
(4)挿入に必要な潤滑液(愛液)って?
初めてのHが痛いのは、性器周辺の筋肉組織、膣口、膣壁が多くの原因だということは(3)の通りです。よく初めてのHマニュアルで説明されているのが俗にいうところの”愛液”の必要性です。たしかに、愛液がペニスの挿入を助けることは事実ですが、万能薬ではありません。軽度の急性ワギニスムス状態の膣口、膣壁では愛液程度の助けで挿入は無理です。勿論、男性が強引な場合、挿入出来ることはあります。しかし、その後の二人のセックスライフに多くの支障を来たすリスクを負うことにもなります。
彼女の性器は充分と思えるほど濡れている、でも入らない。ここまではマニュアル通りなのに”どうして?”今度は入らないことで、男がパニックに陥ります。掌がヌルヌルするくらい彼女の股間は濡れている。お尻の方にまで流れ出しているのにという現実にぶつかるものです。
愛液不足がペニスの挿入時の痛み発生の原因のひとつであることは事実ですが、初めてのセックスでの痛みの根本原因ではありません。肛門まで濡れていても、かたくなな膣口と膣壁はキミのペニスを簡単には受入れません。
以上が初めてのHを迎える女性への情報です。「えっ!読んだけど、どうすれば良いか書いてないじゃん」などと云う女性は本当は未だセックス出来る心身が備わっていないということです。もう少し経ってからセックスしましょうってのも、少し意地悪、”ショウガナイ”少しだけ伝授しましょう。

訓練1:下半身を柔軟にする、特に開脚出来る体を維持すること。スポーツが嫌いでも汗ばむ程度歩こう

訓練2:太りすぎには注意しよう。ダイエットで痩せるのも厳禁

訓練3:性器、会陰、肛門部を時々マッサージ、周辺の筋肉組織を活性化しよう。好きな人は毎日でも構いませんよ、感じるのも自由です

訓練4:生理処理に、時にはタンポンを使ってみよう。代用に小指をちょっと入れてみてもOK(処女膜には1センチ前後の穴が空いているので、小指程度の挿入で、アナタが非処女になることはない)

訓練5:痛みを避ける育ち方をした女性は痛がり過ぎの傾向がある。この克服は簡単ではないので省略


さあお待ちかねキミの出番です。

シャワー浴びてきれいになった二人がベッドの上にいます。彼女の身体を被っているのは小さ目の白いバスタオルだけです。キミも新しい白いブリーフ姿です。勃起したペニスがブリーフの上から顔を出す寸前です。おそらく彼女のバスタオルの下はパンティ一枚のはずです。
早くバスローブを取ってオッパイが見たい、触りたい欲望で一杯です。そして、直ぐにでもパンティを下ろして、彼女の恥部を見たくて堪りません。いいでしょう、バスローブを取り去り、オッパイを見つめましょう。そして、彼女の反応を見ながら、AV通り揉んでみましょう、吸ってみましょう。ついでに股間に手を伸ばしましょう。そして、パンティの上から性器をまさぐり、クリトリスとおぼしき部分をスリスリしましょう。彼女は直ぐに喘ぎ声を挙げてくれます。もう既に下着は愛液でビショビショです。パンティの間から指を潜らせ、直接クリトリスをグリグリしましょう。もう彼女は処女であるにも関わらず、腰を突き出しキミのペニスを催促します。
こんな具合に”初めてのH”が進行するのであればマニュアルなんか不必要です。キミの思惑通り行かないのが初体験の女性なのです。このような進行で初体験の女性全てがペニスを受入れられないかというと、必ずしもそうではない点がまたセックスマニュアルの難しいところです。初体験でも僅かな抵抗でペニスを挿入、軽い快感さえ感じる女性が存在するのです。しかし、このような女性に出会う幸運は滅多にありません、処女の女性の多くが初体験の恐怖に身体全体の筋肉が硬直していると考えた行動が賢明なのです。
初めてのHに至る状況によりますが、どれほど彼女を好きか、愛しているか、自分にとって必要か、憧れていたかなど他人が聞いたら笑ってしまうほど、ベッドの上が盛上がる優しい言葉を心から?口にしましょう。
「愛してる」「きれいだよ」「可愛い」「食べてしまいたい」「ずっと一緒だね」「君以外の女性なんて」「放さないよ」「好きだ」「いい匂い」「髪がきれいだ」等など、愛撫の間、適度に言葉を掛けるようにしましょう。のべつ幕なしにベラベラ話しつづける馬鹿なことはしないように。「ウルサイ!」と怒られることもありますよ。ほどほどが大切なのです。
ということで、言葉を大切にしながら、キミは彼女がリラックスしながら、徐々にセックスモードになる愛撫の手を緩めないことです。口からは言葉、手は休まず彼女の身体を愛撫しながら、次は何所を愛撫するか考えなければなりません。彼女の反応を見る余裕も求められます。5速マニュアル車の上手なドライビングくらいの注意力が必要なのです。
「そんなの無理だよ」何を言うか、そんなことでは痛がらせるだけ痛がらせ、挙句に挿入も出来ず、二人の間に隙間風が吹くのを待つつもりですか?それが嫌なら、ガンバってもらうしかないのです。彼女を狙っているのはキミだけではないこと忘れないように。
愛撫の手順に決まりはありません。前項「入浴後の愛撫」を参考にしましょう。女性の身体各パーツへの愛撫HOWTOは現時点では省略、各種マニュアル本などで研究してください。愛撫の基本は「優しく」です。静かな愛撫の中で、時に突風のような強い愛撫加えるのがコツです。オーガズムを迎える前と後でも愛撫の方法は異なります。
さあ、彼女の下着を取り去りましょう。濡れてしまったかもしれないパンティをその辺に置きっぱなしにしたくないのが女心、枕の下にでも入れてあげるのがエチケットです。
初めてのHの夜は、見たいでしょうが彼女の性器をじっくり観察するような態度は避けたほうが無難です。唇や乳房・乳首へのキスをしながら、下半身に手を伸ばすのがベターです。
まず初めは掌全体で彼女の性器全体を被うように触れましょう。全体をゆっくり温めるような気持で接します。彼女の濡れ具合も掌で確認しましょう。
この辺に来ると、言葉が途切れがちになります、女性の気持を和らげる言葉を掛けることを忘れないで下さい。「愛してるよ」的な言葉が無難です。「寒くない?」「暑くない?」「喉渇いた?」等も無難な言葉です。間違ってもAVのように「もうビショビショじゃねぇか」などと馬鹿なスーフリのような言葉は避けるように。
さあ、キミもそろそろブリーフを脱いでしまいましょう。完全に勃起したペニスが飛び出すか、まだ目覚めていないか、どちらにしてもブリーフを脱ぎ捨てましょう。(この時点でフニャチンでは後々、凄く心配ですが)
AVお得意のオーラルセックスは今回は封印してください。ですから、フェラチオは駄目です。初体験の女性とのセックスでは完全に粗チン派が有利です。キミが粗チン派ならフェラチオもいいでしょうが、普通以上なら避けるべきです。怒張したペニスを初めて見たショックとタンポンを入れるのにも苦労した女性にとって、キミのペニスは巨大に写り、硬さが恐怖を増幅するリスクがあります。痛みの想像が増すばかりです。
性器にあてがった掌を徐々に強弱をつけて揉むように動かしましょう。性器の準備運動マッサージの開始です。特別女性から拒否反応がない限り、キミは上手なマッサージ師にならなければいけません。腕が疲れたなどと御託を並べずに、ひたすらマッサージに執着しましょう。ここまで来たらあまり上半身に気を取られずに下半身に愛撫を集中しましょう。だからといって、性器にばかり執着するのは下手糞な証拠。下腹部から足の指まで、性器を充血させる為の身体パーツは目白押しです。彼女をうつ伏せにさせれば、背中、お尻、太腿、脹脛、そしてアヌスなど性感帯があらためて広がります。初めてのHでは、アヌスはチョット挨拶程度で止めておくのが妥当です。
また、初めてのHでは指によるクリトリスへの愛撫は封印です。掌や手の付け根の部分を利用して、静かに圧す、ゆっくり回す程度にしておいてください。指先でのクリトリスへの刺激は初体験の女性に対しては諸刃の剣になる可能性があります。危険なゾーンを愛撫しなくても、性器を充血させることは難しいものではありません。キミの努力と忍耐と誠意で簡単に成就します。
クンニリングス(クンニ)は彼女が特別拒否しない限り、積極的に実行しましょう。性器を凝視するような真似は今夜はガマンです。見られていることで女性を興奮させるのは、二度目のセックス以降にしてください。
クンニも激しく吸ったり舐めると興奮するものではありません。(そういう好みもありますが、処女ではほとんどあり得ません)大陰唇、小陰唇をまんべんなく優しく、時にはチョット強く舐めたり吸ったりしましょう。彼女の反応は身体自体からの情報と声などで嫌がっていないかどうか、感じているかどうか判断するキミには冷静さが求められているのです。
小陰唇と大陰唇の間なども充分に味わう気持で愛撫しましょう。食べたり引っぱったり齧ったりは、まだ早すぎます、止めてください。膣前庭への愛撫は陰唇以上に優しさが必要です。絶対に強い刺激は避けなければなりません。何度も刺激している内に、女性が途中で尿意を感じる場合があります。ここまで来て、もしかすると初めからやり直しのリスクは避けたいものですよね。炎症を起しやすい部分です。感じている反応が見られることが多いのですが、執拗な愛撫は避けたほうが無難です。
おそらくここまでキミの誠意ある愛撫で彼女のヴァギナからは愛液が充分に出ているはずです。挿入の準備は整いました。キミのペニスは充分勃起しているでしょうね。避妊の必要がある場合はコンドームを被せてください。コンドームは手の届く範囲に置くことは話しましたよね、その場で探し回らないように注意してください。
*早漏気味でこの間の愛撫中に射精しそうになったら、ガマンするよりは自分用のタオルに思いっきり出してしまった方がいいでしょう。出来れば素知らぬ態度で処理してください。そして、彼女への愛撫を継続してください。彼女が処女である限り、キミの行動が射精であったかどうか、判断はつかないことが多いと思います。愛撫を再開していく内に、必ず回復するはずです。
ここからは挿入の為だけの行動になります。彼女を仰向けにして正常位のポーズを教えます。「この姿勢が一番楽だからね」「きっと痛くなんかないよ」などの言葉をかけながら、先ず指で予行演習をしてみましょう。キミの指がとてつもなく太くない限り、中指一本ならまず痛みはないはずです。当然指は彼女の愛液で充分に滑りを着けてから挿入します。
膣の入口は知っていると思いますが、亀裂の一番下の部分にあります。小陰唇の一番下の部分です。指挿入時点では正常位でも好いし、そこから膝を伸ばした状態でも大丈夫です。
指で激痛が走るようなことは無いので、安心してゆっくりと挿入してください。「大丈夫痛くないよ」等と言葉をかけて、指先を身体の中心線、又は若干上に向けて差し入れます。興奮してくれぐれも一気に差し込んだりしないよう注意してください。
第二関節くらいまでは問題なく入るはずです。少し間を置いて中指を付け根まで挿入してみてください。多分彼女に痛みは無いはずです。「痛い?」という問に「チョット」の答えがあっても、慌ててはいけません。指はそのままにして、唇や乳首にキスをしてみてください。ディープなキスも有効です。挿入した指は動かしたいところですが、ここでは駄目です。押し込んだ指は二度と抜けないもののように、彼女の膣に圧しつけておいてください。その内異物感がなくなり、僅かな快感が芽生える場合もあります。快感まではいかなくても、極度の緊張は取り払われます。*この時点で、彼女の腰に前向きな動きが見られたら、指を差込圧し付けたまま、残された掌でクリトリス部分を被い、恥骨を含めた性器全体をユッタリとしたリズムで掌指圧をしてみましょう。
次に中指を抜き、親指で試してみてください。親指は中指よりも短いわけですが太い分、処女には有効です。痛みを訴えないようでしたら、つけ根までキッチリ押し込んでください。ここまで成功すれば、80%大丈夫です。
もうそろそろいいでしょう。指を抜いて彼女の身体と重なってください。挿入はまだです。今度は彼女の股間にキミのペニスの存在を知らせてください。挿入モード突入です。
勃起しているであろうペニスを彼女の股間に押し付けます。勃起しているので、陰茎の裏側が彼女の性器部分に当たります。重なり、押し付けたり、前後に腰を動かしてクリトリス付近にご挨拶です。陰嚢(ふくろ)が陰唇やクリトリスに当たります、主に腰を使って、押し付けたり擦りつけたり、結構情熱的に動いても問題はありません。彼女の心の中で、緊張が高まります。しかし、ある種の期待も高まります。「緊張してる?」「大丈夫だよ、もしかするとチョット痛いくらいだからね」「ようやく一緒になれるね」「僕も少し緊張してるかな」等、兎に角優しい言葉を掛けながらペニスとヴァギナの顔見せを充分にしておきましょう。
次に腰を若干浮かせて、亀頭部に彼女の愛液を塗りつけましょう。そのまま、亀頭部を膣口にあてがい、チョットだけ挿入を試みてみましょう。時には問題なく亀頭部が挿入出来ることもあります。(その時は幸運に感謝です)
酷く痛がらない限り、亀頭部までは何とか挿入するのがベストです。痛みがあってもガマンしてくれる女性が多いと思います。「ゴメンね、もうチョットだからね」「一緒に頑張ろう」等と言葉を掛けながら、亀頭部が挿入できたペニスをジワジワと1センチ刻みで膣の奥に進めてください。
ここで激しい痛みを訴えられたら、退却です。時間を置いて再チャレンジがいいでしょう。しかし、上記のような手順で愛撫を実行した場合、80%以上、痛みはありますが、ガマンの出来る痛みの範囲のはずです。逆に、チョット痛いと言われたくらいで、早々に退却するのは考えものです。痛いから痛いと表現したに過ぎません、「止めて!」と言っている訳ではないのです。
二度も三度も痛い思いをするくらいなら、多少の痛みがあっても一度に済ませたい、処女を卒業したい、キミと一緒になりたいと思ってくれているのです。勇気を持って、ゆっくり確実にペニスを進行させてください。5分後にはキミのペニスは彼女の膣内の温かさにキッシリ包まれるはずです。
処女喪失の瞬間です。キミはテクニシャンです。見事に成し遂げたではありませんか。多分、キミも彼女も額には、様々な汗が滲んでいることでしょう。時には流れ落ちているかもしれません。



⇒サイズアップ・ペニス増大商品の詳細・購入はこちら!



◎処女のセックス(ペニス挿入)で重要なこと、注意すべきこと



女性の心得
・女性自身が事前に下半身と股間に対するエクササイズ(日頃から良く歩く、運動する)をしておく

・エクササイズによって性器周辺の筋肉組織が柔軟になる
・タンポンまたは小指を挿入して、異物の挿入感を知っておく
・出来ればマスターベーションなどで濡れることへの実感を持っておく
・性器全体をマッサージ、触られる感覚を持っておく
・性器は常に清潔を保ちましょう。お風呂に入った時はていねいに性器を洗いましょう。下着も毎日取り替えましょう
・処女の場合、挿入時に違和感や広げられる抵抗感や若干の痛みがあります。僅かな痛みの範囲は我慢も必要です
・下記の男性心得に反した男性の行為が不快な時は、「それ嫌」と手を差し出しましょう
・初めてのHは生理日前は避けるほうがベターです
・初めてのセックスの後、出血があったり生理が早めに来たりすることがあります。ナプキンは必ず準備していきましょう



男性の心得
・すべてに通じるキーワードは”優しく”
・愛撫は入念に、愛液が出てきたからといって直ぐ止めないこと
・30分以上は頭のテッペンから足の指先まで愛撫する
・うつ伏せにして、背中側も忘れぬように
・乳房も性器も初めての夜はジックリ見ない
・クンニリングスは積極的に実行
・フェラチオは求めない
・陰唇と膣前庭を中心にクンニ、クリトリスは程ほどに
・クリトリスをAV式に指でグリグリしないこと、包皮をむいたりしない
・きれい、可愛い、愛してる言葉の愛撫も忘れぬように
・性器が臭っても、その場は我慢黙っていよう
・処女への挿入は修行だと心得よ
・ペニス挿入の前に指の挿入が効果的。但し、一本が適度
・挿入時の指は好き勝手に動かさない(爪伸びは厳禁)
・挿入は原則正常位で行う
・挿入時には亀頭と陰茎には彼女の愛液をタップリ塗りつける
・どうしても愛液が不足な時は自分の唾液を利用する
・クンニで唾液を膣内に舌で押し込むように注入、ペニスに塗りつけよう
・正常位では膣口は若干下方を向いている。上を向いているペニスを膣口に直角に向けるには、腰を深く反らす必要が出てくる。肥満や身体が硬いと膣口に直角に向かえない
・身体でペニスの向きを変えられない時は、手でペニスを下向きにして、膣口に直角にする
・肉体的に無理な時は女性のお尻の下にバスタオルとか毛布を敷き、高さを調整する
・それでも困難な場合、屈曲位、伸展位を試してみよう。但し、正常位で挿入できたのに、それ以外の体位実験はタブー
・膣口は下にあるが、膣そのものは幾分上部に向かうか、平行であることをイメージしておこう
・成熟した女性の膣には自然に柔軟性があるので、極端に角度を意識しなくても大丈夫
・未成熟の処女とのセックスはそもそも望ましいものではない。なお且つ、性器周辺の筋肉組織も未熟であり、処女膜も厚いので初体験は相当難航すると心得よ
・膣口は性器の最下部にあるのです。よく真中辺りと勘違い、尿道目掛けて突きまくるお馬鹿さんがいる、十分注意
・上手なフリをして、手をあてがわずアナルを突いたりしないように
・避妊は原則コンドームになるがコンドームがはじめての挿入では邪魔になることもある
・コンドーム使用で挿入がスムーズでない場合ナマ挿入も緊急避難だが、結合後直ぐに抜き、コンドームを着けよう
*間違っても漏らさないように
・亀頭部が挿入出来たら、もう焦らないこと
・もう彼女の処女膜は貫通しています。後の痛みは膣壁で起きます、ジックリ味わいながら初めての膣壁を進むこと
・ペニスがつけ根まで入ったからといって、ピストン運動は控えめにする
・異物の入ったことのない膣壁は内臓だと思え
・動けば壊れるのが内臓だ。ゆっくり圧しつけ、処女の膣の硬さを味わえ
・正常位は男性の上半身が空いてる体位。唇、手を有効利用、挿入しながら愛撫に励もう*経験女性では余計な愛撫にもなるので注意
・処女との初体験で自分が楽しむなど言語道断、その夜は彼女のためにのみあると思え
・自分のペニスが長すぎると思っているなら、つけ根までの挿入はしないこと
・亀頭部よりつけ根にかけて太いペニスの持主は亀頭部挿入以降に注意、亀頭部ではなかった痛みが出ることがある。最悪、女性の準備不足では膣口が裂けることもある
・射精で自分がいい気持になったら、女性のオーガズムなど余計なことは考えずに「君は最高だよ」「痛かった」「結ばれたね」等、優しい言葉を連発しよう
・余程の幸運でもない限り、初体験で女性がオーガズムが得られることはない
・もしイッタなどと言ったら、偽処女ってこともある(笑)彼女もAVの見過ぎかもしれない
・射精後、ペニスを抜き取ったらタオルで押さえコンドームの処理をする
・女性の股間にタオル(女性用として用意していた)を当て、その後の拭取りは女性に任せる*絶対にセックス後の処理タオルは同じものを使わないこと、子供が欲しければ構いませんよ
・直ぐにシャワーを浴びに行くのはいけません。汗ばんだ身体で抱合うしばしの時間を大切に
・二度目のセックスがしたいときは、女性の痛み具合を言葉で確認しましょう。出来ればもう一度大丈夫かどうか確認する方がいいでしょう。*初めてと二度目のセックスの間に1時間くらい間があるのが良いでしょう。勿論、女性が積極的でしたら、休息の心配はありません、逆にキミの回復度が試されます


心得が多すぎて気分が悪くなった人々も多いと思います。しかし、初めてのセックスがどのようなものであったかは、その女性の一生のセックスライフを左右することもありますので、その時点で最高のキミの誠意を尽くすことが重要でしょう。若いときには”何言ってるの?”と思いがちですが、後々後味の悪さを感じるものです。
勿論、もっとマッチョに実行して初体験を成就する人々も沢山いるでしょう。結果、チョット痛かっただけという幸運に出会うこともあります。性の不思議のひとつでしょう。
また逆に、上に述べたように行動しても挿入を極度に痛がる女性もいます。あまりの痛さに「もう止めて」と泣き出す女性もいます。残念ですが、このような事態に出会ったら、潔く退却しましょう。そして「時間は沢山ある」「今度は大丈夫だよ」などと優しく接してください。そして、前述の女性の性器エクササイズを手伝ってあげるのもキミの務めです。
尚、4,5回実行しても挿入が未完の場合は処女膜肥厚やワギニスムスの疑いがありますので、婦人科の診断を受けるようにしましょう。

by 饗庭龍彦




howtosexTOP, 10, 1112131415161718192021




「HOW TO SEXのTOPと目次」